本文へスキップ

メール鑑定を主とし、子宝・風水・吉方位鑑定と風水による開運方法をご提案する

鑑定依頼・講座申込み・お問い合わせは     

こちらからどうぞ

五術とは 

五術は古代の中国が産み出した、命・卜・相・医・山の五つの術法を述べたものであり、中国では総称して「運命学」としています。日本ではこのうちの「命・卜・相」の三術だけが「運命学」として取り扱われ、「医」は医学、「山」は仙道・宗教・武道などの範疇に入れられています。

五術とは字の如く「五つの術」のことです。これらは、宇宙・地球・人間のサイクルが交わる天人合一の接点を究明・調和することで、人間がより良い人生を送っていくための普遍的な術なのです。

これら五術はそれぞれ独立した異なった特質、特性を持っていますが、しかし互いに非常に密接なしかも微妙なつながりを持ちながら関連しあっているのです。
その根本原理となっているのが「陰陽五行の原理」であるということです。

◆ 命 ◆ <めい>

人間に主眼を置いたもので、
生年月日時を元に人間の与えられた宿命を解く術法です。

  東洋では
    ◆四柱推命
    ◆紫微斗数
    ◆算命学
    ◆九星気学
    ◆七政四余
など 
  
  西洋では
    ◆ホロスコープ占星術
    ◆数秘術
    ◆カバラ
など


◆ 卜 ◆ <ぼく>

事件や事柄を中心として占うもので、
ある時間とある方位を基本にして物事の吉凶禍福を占う占術である。

「卜」は占いの内容や範囲によって以下の三つに分けることができます。

  ☆占卜(雑占)・・身近な出来事や事件を占う。
    周易
    断易
    梅花心易
    六壬神課
など

  ☆選吉・・吉日を選ぶ。(択日)、方位の吉凶を知る。
    奇門遁甲
など

  測局・・国家的な運勢や社会的な動向などの
       より広範囲の事象について占うもの。
    ◆太乙神数
    ◆皇玉経世
など

  西洋占術では
    ◆タロット占
    ◆ルーン占
    ◆ダウンジング
    ◆水晶占
など


◆ 相 ◆ <そう>

物体の姿・形を主においた占術
目に見える物の姿・形を通してその中に隠された本質や他に及ぼす影響を究明するもの。

    面掌(人相・手相)
    印相
    名相
    家相
(陽宅)
    墓相
(陰宅
    風水地理
(巒頭(らんとう)・理気)など


◆ 医 ◆ <い>

人間の肉体を主とした方術
 病気の治療や保身・体質改善を行なうものである。予防医学的な要素も有する。

    方剤(ほうざい)
    鍼灸
(しんきゅう)など


◆ 山 ◆ <ざん>

肉体と精神の修練によって心身を強め、人間完成をめざす修養法。
人間の精神面を中心としながら、呼吸法や身体の操作法、経典や呪文などを通して、
肉体と精神を鍛え自己確立を目指し、昔ではこれを極めた人を仙人と呼び、その道のことを仙道としました。

    養生(食餌・築基)
    玄典
(老子・荘子)
    修密
(拳法・符呪)など








真易・六爻扶抑断易

informationサイト情報

道家流 六爻扶抑断易

mail: