本文へスキップ

メール鑑定を主とし、子宝・風水・吉方位鑑定と風水による開運方法をご提案する

鑑定依頼・講座申込み・お問い合わせは     

こちらからどうぞ

吉方位鑑定Lucky direction

◆ 吉方位鑑定 ◆  5,000円

ゲストルームいつの日、どの時間に、どこへ行けば吉作用があるかを調べ、そのように、その地へ出向き、ゆったりとした気持でしばらく過ごし、できれば食事などをして帰ってくることを吉方位取りといいます。

小旅行などにおいても、これを利用し行かれると、旅先でも快適に過ごせ、そして帰ってきてからもしばらくは吉作用が続きます。

移転・引越しなどは是非この吉方位鑑定をご利用下さい。
移転や引越しは方位作用が最も強いといわれています。


<吉方位取りとは何か?>
いつの日どの時間にどこへ行けば吉作用があるかを調べ、
そのようにその地へ出向き、ゆったりとした気持でしばらく過ごし、
できれば食事などをして帰ってくることを吉方位取りといいます。

小旅行などにおいてもこれを利用し行かれると旅先でも快適に過ごせ、
そして帰ってきてからもしばらくは吉作用が続きます。

移転・引越しなどは是非この吉方位鑑定をご利用下さい。
移転や引越しは方位作用が最も強いといわれています。

A 事柄による方位取り

  • どのような事柄を改善もしくはアップしたいのか、また方位取りの実行可能日時を5個明記して下さい。内容に応じて吉方位の種類を選び、日時に合わせてご提案させていただきます。お知らせして頂いた日時以外で、是非とも実行してもらいたい日時と方位がある場合は、お勧めとしてご提案させてもいただきます。
  • 例えば、今職場の人間関係で悩んでいます。改善したいのですが良い方位と日時を教えて下さい。


B 決定してしまっている事柄の方位鑑定

  • すでに行き先や日時が決定していて、その方位鑑定を致します。
  • 例えば、○月○日に東京駅を10:00出発の新幹線で京都(西)へ旅行に行きますが、その日は吉方位でしょうか?




◆ 開運吉方位 ◆   5,000円

30日以内の吉方位をお伝えします。

★依頼 内容例★
 旅行などに活用したいので今月の週末(土日)の
 吉方位と時間を教えてください。
     
★鑑定 内容例★ 旅行に出発しやすい時間帯を選びました。

4月5日(土)・・・北東 AM7時〜9時、東 PM3時〜5時
4月6日(日) ・・・西 AM5時〜7時
4月12日(土)・・・北 AM9時〜11時、南西 AM11時〜PM1時
4月13日(日)・・・南東 AM5時〜7時、西 PM1時〜3時
4月19日(土)・・・南 AM5時〜7時、南東 AM7時〜9時
4月20日(日)・・・北東 AM7時〜9時、東 PM1時〜3時
4月27日(土)・・・南西 AM7時〜9時、西 AM11時〜PM1時
4月28日(日)・・・北西 AM7時〜9時、東 AM11時〜PM1時、
          北東 PM1時〜3時

仕事、健康、子宝、金運、対人関係、運気改善などに活用ください。
用途に合わせてご提案することも出来ます。




◆ 移転・引っ越し ◆  5,000円
 鑑定書のサンプル(pdf)はこちら

A 移転・引越しを考えている場合。

 現在住んでいる所から、引越しをしたいと考えていますが
  どの方角にいつ頃(何月に)引越しをすれば良いでしょうか?

  1. 希望月がある場合は、希望月を含めて一年以内をお知らせ致します。
  2. 希望月が無い場合は、お申込み月から一年以内をお知らせ致します。

 
 現在住んでいる所から〇月に、東に引越しをすることが
  決まっていますが何日に引越しをすれば良いでしょうか?

  1. 最上吉・中吉・・・の順番で御提案を致します。



B すでに引越しを済ませてしまったが、
            それが吉か凶なのかを知りたい場合


 以前住んでいる所から見て、東北に○月○日に引っ越しました。
  この引越しはどうでしたでしょうか?

  1. その引越しに対しての事象(方位作用)をご報告を致します。

  鑑定書のサンプルはこちらから


◆ 主な吉方位の種類 ◆

  • 商売繁盛や仕事運を上げたい時の方位
  • 人と和合し対人関係を良好にしたい時の方位 
  • 恋愛結婚運を上げたい、良い出会いを求めたい時の方位
  • 運気改善をはかりたい時の方位
  • 現状維持をしたい時の方位
  • 状況が悪い時にすべてを解消したい時に用いる方位
  • 病後の回復や、物事を旧に戻したい時などのに用いる方位
  • 楽しく旅行などが過ごせる方位



◆ 実行するにあたって ◆

  • お申し込みをいただきましたら、方位術に関しての詳しいご利用マニュアルを送ります。
  • 決められた方位と日にちと時間に出発し、最低でも3時間以上はその地に留まります。距離と時間と速度と比例して効果は高まります。
  • 旅行などゆったりと楽しみながら行く事は非常に効果を高めます。
  • 吉方位取りをした時は、その地で取れた物、作った物をお土産として持ち帰り、家族や友人などに食べてもらえば同じような効果が得られます。
  • 病気などで外出できない方のために、回復の方位取りをして地場の物を食べさす方法があります。
  • 吉方位取りをした後は効果がある内は、あまり遠出をしないことです。遠出をする方位によっては吉作用が失われるからです。
  • 最初は効果が小さいかもしれませんが、回数を重ねていく内に吉作用は蓄積されていきます。個人差はあると思いますが、マイナスからプラスへの境界を越えた時には何か変化があるはずです。
  • ここからが方位術の真髄ですが、この境界を越えた時点で、この吉方位取りは単なる即効性の小局的ものではなくなり、運勢の開運法という大局的なもの変化します。
  • この大局を経験された人は、もはやこの方位術なしではいられなくなります。それに関してちょっと困った方もおられまして・・・ 社員旅行や友達からのお誘いの旅行などで方位や日にちが悪いと行かないというのです。 
  • そのように吉ではない方位や日にちの時に行かなければならない時の回避方法もありますのでご心配は要りません。


道学社sub1 道学社sub2