本文へスキップ

メール鑑定を主とし、子宝・風水・吉方位鑑定と風水による開運方法をご提案する

鑑定依頼・講座申込み・お問い合わせは     

こちらからどうぞ

断易卦の作り方(だんえきけ)

◆ 立卦方法( 擲銭法/てきせんほう) ◆


<鑑定について>
吉凶判断に優れた「断易という占術」にて鑑定いたしますが、鑑定方法として質問された日時(お申込みフォームよりのメール配信日時)をもとに鑑定しています。 また、ご自分で立卦していただいたものを合わせての『複合鑑定』もおこなっています。

メール日時だけでもしっかり結果は出ますが、
ご自分での立卦も合わせての『複合鑑定』をご希望される場合は、
下記の要領で立卦を行い、結果を送ってください。



東洋占術では一見して偶然に思えるような事象や現象も、
実は偶然に現れたものではなくて、
その事象や現象の裏側には、何らかの必然が隠されていると考えます。
それゆえ質問をされた日時を重要視し、出されたメール日時をもとにして鑑定しています。

立卦方法(断易による擲銭法/てきせんほう)要領は下記の通りです。質問内容は、ひとつのことで明確にお願いします。

★立卦の仕方(コインの振り方)
100円玉または、10円玉を3枚用意します。
まず、占う日にちと時間を書き込みます。
心を静かにして、3枚を手のひらに合わせて「占い内容について」
しばらく念じます。
そして手の中に空間を作りお金を3・4回振り、
平らな場所に、3枚のお金を静かに落とします。
しばらく念じるのは最初の1回目の前だけでかまいません。

 数字が書いてある方を「表」
 絵柄が書いてある方を「裏」
 として、その3枚の振った結果を書き込みます。
   例)表表裏 

それを全部で6回繰り返します。

例)〇○月 〇○日 〇○時 ○〇分
  質問内容 「〇○〇○〇〇〇〇?」
  1回目 表表裏
  2回目 裏裏裏
  3回目 表裏裏
  4回目 表表表
  5回目 裏表表
  6回目 裏表表



・静かな部屋で
・質問に集中できる時にする。
・もしコインが机から落ちてしまったとか、
 何かアクシデントがあっても、
 やり直さないでそのまま見た結果を記す。
・飲酒時、生理中は避けてください。

立卦した結果をこのフォームより送ってください。
それをもとに鑑定していきます。


真易・六爻扶抑断易 賢徳

informationサイト情報

道家流 六爻扶抑断易

mail:


【立卦結果の送信フォーム】

鑑定申込フォームの送信終了後
ここより結果を送信して下さい。